2005年07月20日

「球界改革ファン意識調査」中間報告

とりあえず、今日ドラフトとFAの改革について方向性がでたようです。
その辺は後日「のほほん」のほうで書きます。

今日は、「とりあえず」ということでここまでよせられた意見の傾向のようなものを書いておきたいと思います。
やや、早めなのは、設問の不備もあったかな〜というのと、
あまりこういう企画にはのりにくいというひとの気持ちもわかるからです。
それと、自分の意見も(おしつけがましくない程度に)書きます。
ご意見のあるかたはコメント欄へ

1.FAについて
おおむね、「FA」については、必要だと考えられておられるようです。
ドラフトでの進路の制限→FAでのフォローというのが多くの思考回路のようです。

現実には一億近くの年俸にまでたどりついたプレーヤーにしか権利が与えられず、
行使した選手は「メジャー入り」か「巨人入り」を選んだ選手が大半という制度。
とてもうまく運用できているとはいえません。

「FA制度は野球を面白くした?」ときけばどういう意見だったでしょう。
いまのところ、面白くしたとはいえないでしょう。

各論編では「移籍の活性化」という面ともリンクして考えていきたいと思います。

※私はヤクルトファンですが、ヤクルトがいまのところFAで補強せずにここ数年好成績をあげていると言う点に、非常に誇りに思っています。

2.ドラフトについて
・逆指名は批判的
正直いうと、私自身は逆指名には肯定的でして、その理由はアマ側からみれば、トッププレーヤーになった(アマレベルで)というご褒美的なものとして、いいのではないか?と思うのです。
いままで、各球団2枠あって最大24名もご褒美というのはおかしいのでは?(多すぎ)というのが考え方だったので、今回1枠になったというのは、おおむね賛成しております。

金銭の問題に関しては、本当に自浄する能力はないのだろうか?ということ、そんなこともできない団体がスポーツやってていいの?という気がします。

・くじ引きは賛成多し。

この件で思い出したのは学生のころの席替えの話。
席替えをクジ引きで決めるというのはよくある話だとは思うんですが、
「じゃ、先生がクジをひいて決めます!」とやって大ブーイング。
みんな自分でクジをひくと思ってたと・・・

自分の運命は自分で左右したいじゃないの・・・

ドラフトのくじびきって知らんおっさん同士が勝手に集まって、当てたのハズしたのとやって、本人はテレビで見てるだけ。それはちょっとないんじゃないか?と僕は思います。

・完全ウェーバーも賛成多し。

個人的には「本当に戦力均衡で面白くなるのか?」という点に疑問を持ってる。
というのは、欧州サッカーをはじめサッカーは戦力均衡を意図した戦力分配はしてません。

メジャーもアトランタブレーブスが10連覇以上を継続中(今年オワリそうだが)だったり、ヤンキースの強さなど、実際にはとても「戦力が均衡してる」とは言い難い。

NFLは戦力均衡に成功しているが、シーズンが短い上、週一の試合。

・シーズンが長く
・チーム数が少ない(12しかない)

という感じで戦力均衡しているリーグ戦を知らないからだ。

例えば「チームの個性」のようなものが維持しにくかったりしないかな?と思うだが・・

というわけで、続きはドラフト「各論編」へ。
あと、日本のプロ野球は戦力補強はドラフトのウエートがすごく大きい。大きすぎる。ブレーク前の放出を恥としか思ってないからで、その辺も改善されてほしい。

5.年俸について
チーム側も選手側ももっと勉強して、「ややこしい契約」をして無駄をなくす努力をしてほしい。いままではちょっと右肩あがりすぎたんじゃないかな〜。

6.巨人
東京での巨人の様子とか、巨人ファンにとっての堀内(V9のエースのはずだが?)とかその辺の要素が分からないので語りにくいですな。

関西のメディア上では、「今年から関西で一つ球団が減っている」ということを意識することはまずないです。例年どおり、阪神一辺倒ですから。
こんな関西メディアははっきりいえば、ナベツネより脅威だと思います。

7.メジャー挑戦
夢を応援がやや多い?
行っていいから活躍しろ!ってとこかな。メジャーも好きだし

8.チーム数
12。あとフランチャイズ置けそうなのは、岡山(倉敷)、静岡、京都ぐらいかな?
どっちにしろ、計画的にやれよと、来年から減りますとかはやめてくれ。
それなら、その前の年からドラフトに出ないとか、気配は漂わせてほしい。

9.プレーオフ
プレーオフの最大の意義は、「10月のはじめという野球をやるにはもってこいのはずの時期に、消化試合ではない真剣勝負が存在する」
だと思うので、セもやったほうがいいのではないの?
同じ方法でなくてもいいから。
posted by しけたろう at 00:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

1.FAについて
全くそのとおりだと思いますね。でもドラフトとリンクしている以上しょうがないという認識なんじゃないですかね。みなさん。
うまく運用できていないからいらないという意見にはちょっと賛同できません。現在の制度は自由度が少ない非常に中途半端なものですから。他にも下に出てくるような案件を総合して考えないと結論は出ないと思います。それだけ取ってみて要る要らないではなく総合的に考えて、あるいは改善策もいろいろ考えてみて、それで要らないという結論ならあるとは思いますけどね。逆指名もドラフト自体も同じことですが。

2.ドラフトについて
・逆指名
すいません、いまいち賛同できません。なんだかいちいち斬新な感じはあって良いんですが・笑
ご褒美が12人までというのもいまいちよく分かりませんし、ご褒美としてはFAのほうが妥当だと感じますけどね。それに関連しますが指名拒否のパターンもFA移籍以上に萎えるってファンが多いんじゃないでしょうか。ま、ヤクルトここではわりと地味に得してるからなのかなとかいってみたりして・・・冗談ですよ?

・完全ウェーバーも賛成多し。
NFLとMLBが同じではないように、サッカーと野球は同じではないですからサッカーを持ち出しても意味はすこし薄くなっちゃうんですよね・・だったらFA反対ってどうなのよってことにもなりますしね。野球とは離れまして余談ですけど同じフットボールでNFL的均衡とサッカー的不均衡はどちらが面白いんでしょうねえ。

そして戦力均衡してないメジャーが本当にベターなのかって話がひとつ、もうひとつはあっちで完全ウェーバーが機能してないからこっちも要らないっていうのはなんの意味もない。これは巨人の球団代表に対して言ってるわけですが。

5.年俸について
基本的に移籍の自由が無い(一応形あるはあるけど一部球団のみのもの)ですから、大盤振る舞いするところがあると引っ張られざるを得ないんですよね、どうしても。

自由度が高いサッカーやメジャーでは市場原理に基づいてある程度相場が決定されるんですね。それでもJでは一応入場料収入で補える範囲にしろという指導がリーグであるらしいですけど。


8.チーム数
地方も良いけどなんだかんだいって人が居るのだから首都圏でも関西圏でもメディアのせいにするんじゃなくてもうちょっとがんばらないと。セリーグは特に。ヤクルトとかヤクルトとか。

9.プレーオフ
おなじく基本的に肯定です。パリーグ6チームだけでやると歪みが出ますよね。メジャーのように全体でやらないといけないしチームも増やしたほうが良いんじゃないかと。
Posted by d at 2005年07月20日 13:43
ドラフト中途半端な改革案が出ましたが
高校生の分離実施には反対です
野球ファンとしてではなく(業界さんの都合はさておき)高校を職場にしている一人としての意見ですが。
他のドラフトになんかかかりっこない高校3年生のためにも10月前半は大切な時期なんで。
どうせ分離するのなら大学生・社会人のドラフトの方を(就職協定が廃止され、活動解禁日が無くなった事をまだ覚えております)前へ持って来て欲しかったです。
Posted by (まめ)たぬき at 2005年07月20日 14:23
dさんご意見ありがとうございます。

1.FA
反対とまでは言いませんが、現行はベストではないと思います。期間を短縮して欲しいとも思わない。
自分としては、FAを含めて、毎年チームの半分近くが入れ替わる、毎年選手名鑑を買わないと、とてもじゃないけど追いつけないぐらい、移籍が活性化してほしいのです。
FAという選択肢ではない移籍の活性化を望むといったところです。

2.ドラフトについて
自分も「野球とサッカーの比較」という記事(地域密着とか)は、「それに何の意味があるの?」と思うので、極力さけていますが、こういう仕組みの問題を考える場合は他のスポーツはどうやってるかというのを考えるのはある程度、避けられないと思います。

・逆指名については、現在の大学4年、3年、社会人3年めあたりの選手の中には、「自由獲得枠を獲れる選手になる」ということをモチベーションにしてきた選手がいるのではないか?と思うのです。
五輪もなくなったいま(プロのものになったし)アマの選手の目標がひとつなくなるのでは?と思います。

ドラフトの完全ウェーバーについてはもう一点。
アメリカは四大スポーツのすべてで採用していると言う点。
つまり、どのスポーツも得意だという選手がいたとして、どのスポーツを選んだとしても最初の所属チームを選べない。

日本だとサッカーは自由にチームが選べて、野球は選べない。
サッカーも野球も得意という人がいたとして、どっちを選ぶか?ということになってくると思います。

あと、どう考えても12球団の指導力、育成能力は同じではない。(即戦力だとしても、入団後の成長は必要)それで、「同じ野球だからどこへでもイケ」というのはやはりおかしいのでは?「自分にあいそう」なチームを選択するというのが自然でしょう。
そういう施設面、指導者の質も「上にあわせていく」努力をしてほしい。してるのか?

8.東京におけるヤクルトも把握できてないので・・

以上です。
Posted by しけたろう at 2005年07月20日 14:38
(まめ)たぬきさん

「分離開催」については高野連はおおむね好意的なようですが・・。
10月半ばぐらいがヤマなのですか。
早めに結果が出る(プロにいけるかいけないか)のはよいのではないのですか?

そうそう、肖像権について。
Jの一括管理がどの程度のものかしらないので・・
でも、サイトで使うぐらいは寛容であってほしい気もします。
年金の財源にあてるという話もあったのですか。
そちらの問題もありますね・・・
Posted by しけたろう at 2005年07月20日 14:47
1.FA
具体的に期間短縮以上のものがあるんならそれで良いと思います。

2.ドラフトについて
比較することは場合によっては不可避でもあり無意味でもありです。ただ、少なくとも
>サッカーは戦力均衡を意図した戦力分配はしてません。
>NFLは戦力均衡に成功しているが、シーズンが短い上、週一の試合。
は・・・
[戦力均衡に成功]しているNFLは「シーズンが短い上、週一の試合」だから
野球とは比較する意味が無いとするのであればそれと同じく
「週一の試合、11人+交替選手3人」のサッカーが[戦力均衡してない]ことを
持ち出す意味は薄いのではと思いました。

・逆指名
「自由獲得枠を獲れる選手になる」というモチベーションとやらの読売の広告をそのままという気がします。そっちのほうはFA短縮で処理されそうですけど。アマの目標ということばがやたら美しいので一見否定しがたいですが、自由枠が無いからってモチベを下げるのであればプロ入りすらあっという間に遠のくと思いますし、五輪の栄誉はそんなものとはまた別のものというところはあると思いますが。JFLの選手の目標はJのレベルに達する選手になることだと思います。

野球は自由に選べないというのであればもう全部自由化するしかないですね。高校の段階で不自由な時点でアウトですからドラフト廃止、12人やあとFAも短縮とかケチなこと言っちゃいけない。

あと、育成能力を基準に選ばせるのなら完成度の低い高校生でしょう。こういっちゃなんですが人気no.1の巨人、ホークスの投手育成能力もどうなのかと。ヤクルトに入る選手も在京セ志望>古田もいるの感じが強い。これは自由枠を獲得できるような即戦力、あるいは高校生の段階であってもすこしそうだと思いますが、すでにほとんど高校でも英才教育の水に洗われており、育成として重要性を感じているのはそこで一区切りなんじゃないかと。
Posted by d at 2005年07月23日 10:40
NFLがシーズンが短いというのは、4ヶ月で終わるシーズンだと、チームの底力の差というのは出にくいです。一人エース格がケガすりゃ終わりですし。
そういう意味です。

アマも昔は五輪も逆指名もなかったわけですから。昔にもどるだけといえば、そうです。
アマの段階での短期目標があるほうがガンバリやすいのではと思うだけです。

おっしゃるとおり、サッカーにあわすなら「完全自由」にすべきです。同じ国のプロスポーツで違うシステムをとってるわけですから、優劣生じるでしょう。
ドラフトのおかげで野球はこんなに面白いというシステムになればなんの文句もありません。

育成能力
成功した選手をみれば、どこに入っても成功したと思うかもしれませんが、成功しなかった選手をみれば、他のチームならと思うことは多いです。

逆指名で入っても松中のように成長します。

巨人に入りたい投手が多いのは桑田と工藤の存在が大きいでしょう。

・・・・この記事は「野球改革」ネタ総論編のまとめで書いたものなので、FAやドラフトについて言及するのはこのへんにしときましょう。つづきは各論編で。
Posted by しけたろう at 2005年07月23日 13:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。