2005年06月07日

きょうろぐ短観文章のみ編

3週間も間があいてしまって、いままで記録を掲載するには膨大になってしまった。
というわけで、今週からは文章だけになりそうです。

いままでのデータはニッカンスポーツから。
登録データはこちらから拾ってましたので参照のほどを。

ヤクルト
いつのまにか首位になっていた感がありますが。
現在ローテーションは
川島、石川、藤井、ガトームソン、館山、高井となっています。
川島は5月に29イニング連続無失点と完全に復調の様子。
川島と藤井で防御率を争ってる安定感。
石川は最低限試合はつくると言う感じ。
ガトームソンはまだ判断は難しいが、アタリの予感はあり。
館山はまだ投げてみないと分からないという感じはある。
高井は毎試合、先発ローテの正念場と言う感じで・・夏場を越えられるか?
ガマンして使ってるうちに一皮むけるというのを期待したいところ。

このうち、川島、ガト、館山は開幕前不安視、出遅れていたわけだから4月の苦戦もしかたがないところ。
ゴンザレスを後ろで使うことになり、河端、吉川とここまで頑張ってくれた中継ぎもいて、
いま、五十嵐落ちても、今のうちに休んどけ(夏場は連投になるだろうから)と思える余裕がある。

打つほうで目立つのは3割越えの青木。
低めの変化球に対応ができるようになってきた・・
おそらく「攻められかた」が分かってきたのかというところ。

主力級は正直、欠場も多く、実力よりやや下の成績という選手が多い。
それでもこの成績というのがなんかいい感じ。
ユウイチ、宮出もDHのおかげで出場機会が増えて場慣れしてきたのではないだろうか・・

交流戦はソフトバンク、西武を残しているのが正念場

阪神
開幕ローテーションからは井川と能見が2軍落ち。
ブラウンもいまいち球威にかける。
下柳が6勝というのはうれしい誤算?
井川、福原で勝てなくて(勝てないだけでなく、負けがついてるのがな〜)
杉山もちょっと勝てなくなってきている。
春の段階では、若手もうようよいるように見えたが藤川、江草は頑張ってるけど、あれ〜こんなもんか?という感じではあります。

打つほうは正直、二番の藤本、関本の低迷がね〜。
シーツ二番、3番金本、4番今岡でもいいのでは?
桧山、スペンサーも結局、どっちも決めてにかけるという感じの併用になってるのがモンダイあるのではと最近思います。

中日
ドミンゴが復活しましたが、山井、朝倉が二軍落ち。
交流戦では山本昌であまり勝てなかった(現在1勝)のがセのファンとしては残念。

交流戦は残りは日程的に楽ということで、盛り返す可能性はあるが、
通常モードに戻ってから走り出すか?というのがひとつの焦点だろう。

『のほほん』にもかいたことだが、昨年に比べると野手の1、2軍の行き来がひんぱんでないのが気になるところ。
やはり、モチベーションの面が不安。
しかし、たいていのことは「優勝疲れ」と説明できてしまうからな・・

横浜
横浜躍進を予想していたのだが、なかなか5割周辺(やや下)のラインから脱出できず。
牛島監督就任で期待された投手陣の改善がそれほどすすんでいない。
三浦、セドリックのところでなかなか貯金できない。
龍太郎などのほかにも若手からの抜擢に期待したいところである。

多村は今年も好調。飛ぶボールの恩恵のホームラン数だと思っていた人は要反省。

巨人
巨人の先発ローテは
上原、工藤、野間口、内海、高橋尚、マレン。
木佐貫、久保、林を後ろに回している。

正直、投手の能力的なバランスがイビツ。
要するに、後ろにはいいピッチャーを置いときたいという気持ちが強くでている。
「いいピッチャー」というのは適性ではなく、身体能力てきなこと、
速いボールが投げられ、多彩な変化球という。

その分、先発がやや弱くなっていて、内海と野間口は今年が初ローテだし、マレンも・・

いや、別にそういう野球(先発弱くて、後ろがいい)でもいいんだけど、
堀内さん、それはあんたがやる野球じゃないだろう!という気はする。

堀内さんになってから、「こういう野球をやって、勝てるチームにする」というメッセージがあまり(全然?)ないと思うんだよね。

原さんのときは、「1番・清水」と「クローザー・河原」を打ち出して、見事大成功だったわけだけど。
そういう思い切ったカジをとって、「あの采配はどうよ?」とファンがいいあえる軸が必要でしょう、人気チームには。優勝から遠ざかってるわけだし。

岡田監督なんて、優勝チームをゆずりうけたのに独自色うちだしてまっせ!

広島
ここ数週は黒田以外勝てずという感じ。
佐々岡、長谷川を使いつづけてたのがなんとも痛い感じはあるのだが・・

尾形が故障。嶋が低迷と、「次世代の広島」をひっぱるべき人に元気がないのがなんとも。



ロッテ
いや〜、いつ落ちるんだろう?という感じになってきました。
18連敗も6月の出来事ですし。
打撃10傑に4人ですからね〜

ソフB
杉内は5月までで8勝。これもいつ落ちるのかな〜と言う感じです。
プレーオフだから2位でもいいという考えかたは絶対しないでしょうね、このチームは。

オリックス
大久保の復帰は大きかったですね。山口も戻ればかなり強力でしょう。

開幕前に思っていた以上に元オリックス組が頑張っている印象です。
後藤、早川、平野といったところの頑張りは、
合併で選手が増えた危機感もひとつのきっかけのような気もします。
谷、村松、北川などは正直さびしい成績ですね。


西武
「おかわり」の中村、石井義人、片岡・・と内野はカブレラ以外昨年と総がえといった感じ。
中村は成績的、キャラクターとも人気選手の要素あると思うけど・・・
ヒーローインタビューではどのアナウンサーも「おかわり」でおすので戸惑ってる印象をうけるが。
守備で負けてる試合が今年はめだつような。

日ハム
交流戦は苦戦。
小笠原も新庄もこの成績ではな〜。
稲葉も・・

投手陣も若いんで投げるごとの成長を期待。

楽天
投手もゲームをつくれるようになってきたような。
ようやく名前でなく、プレーで選手起用できるぐらいなじんできたでしょうか(チームとして)
外国人はなかなかアタリがでませんね。


posted by しけたろう at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。