2005年03月26日

一塁ベースコーチの仕事

ふくさんからの質問

先日大阪ドームでオリックス・バファローズの試合を見ました。一塁のそばに16番という若い番号をつけた外人さんがいました。日本語で指示できるのかなぁと疑問に思ったのですが、そもそも一塁コーチはどんな指示をするのかしら?と思いました。3塁コーチはホームに突っ込むかどうかを教えてくれる人と誰かに聞きました。一塁コーチのお仕事は何ですか?


その外国人はラルフ・ブライアントさんです。
消滅してしまった近鉄で活躍した人でした。彼の詳しい情報はこちら

三塁コーチの仕事はだいたい正しいです。
あと、サインを出す仕事もあります。
では、一塁コーチは何をする人でしょうか。

バッターのヒジあてや自打球ガードを片付けるだけではありません。
主な仕事
・アウトカウント、守備陣形など基本事項の確認
・投手の牽制のクセをみる、クセの確認
・ランナー2塁のときは、セカンド、ショートの動きも見て牽制のあるなしを伝達

・・というものです。
特に、バッターランナーはヒットを打ったあとは誰でも、多少は興奮しているので、
分かりきったことでも、クチすっぱく言っておくことが大事なようです。

ちなみに、外野からの返球などをキッチリ見ておいて、隠し球をされないように見ておくのも仕事の一つです。

というわけで、マジメにやれば結構大事な仕事があります。
ブライアントコーチよりも適役の人がいるのではないかと思いますが・・


posted by しけたろう at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 質問に答えます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あとは、打球等を判断して、1塁から2塁にまわすのも一応ありますね。あんまいうこと聞かんと思うけど(苦笑)。
※2塁⇒3塁は、基本的にサードコーチャー

それと、プロはNGかもしれないですけど、バッターに対してコースの内外を叫んだり、ちゅうのもやってましたね〜。
ピッチャーはけん制だけでなく、球種・フォームもよく見ますよ。こちらもクセがあればあわよくば…となるので…。
※プロはその辺の分析はスコアラーがやるのかな…

上記に加えてサードコーチャーの補足としては、外野への打球で2塁から3塁にきているときに、送球の方向を見て、滑り込む方向を伝えたりとかかな。内〜、とか外〜とか。2塁⇒3塁だと、センター・ライト方向からの送球は見えないですからね。

同様に、ネクストバッターが、3塁⇒ホームへのランナーに対して、滑り込む内外のコーチング、とかもあります。キャッチャーの動きでなく、送球で判断できますから。
Posted by wind-beat at 2005年03月28日 10:07
お答えありがとうございます。
これから、一塁にバッターが出た後二人の会話に注目してしまいそうです。
特に興奮している人をなだめている様子が見たい!!
次に野球場に行ったときには一塁コーチに目が釘付けになりそうです。
これこそ、球場に行かないと見れない楽しさかも!ってますます楽しみになりました。
Posted by ふく at 2005年04月02日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。