2004年12月02日

55 嶋重宣

嶋重宣
広島東洋カープ 55
外野手 29歳 左投左打
181センチ 90キロ
率0.337本32点84試137
(率0.320本35点114試247)


1976.6.16生まれ/埼玉出身/外野手/東北/左左/背番号55


背番号55を着けている所から「赤ゴジラ」の異名を持つ2004年首位打者。今でこそ華々しく活躍する選手だが、実はプロ10年目の大ブレイクという球界きっての「苦労人」である。

甲子園を沸かせた大型サウスポーとして95年に入団し、現ヤンキース・松井秀喜と対決するものの、その後肩の故障で打者転向。しかし打者になっても度重なる故障で二軍暮らしが続く。2003年オフに尾形の入団に伴い、00から55に背番号変更を打診されてこれを了承。大砲ナンバーとなったこの番号をもらったのは、嶋にとっても好材料だったのかもしれない。

開幕直前にライト候補だった森笠が故障で離脱したのも、嶋にとっては幸運だった。開幕スタメンでは2番に座り、ナゴヤドームでホームランを放つ。その後もヒットを量産し続け、4月の時点で打率4割という驚異的な数字を残すものの、月間MVPの座はホームランを量産した巨人の阿部に明け渡す。この辺りから嶋の周囲が騒がしくなってくる。

シーズン終盤の腰痛で200本安打は達成できなかったが、苦節10年の首位打者にはカープファンのみならず多くの野球ファンを感動させた。今年は去年以上のマークが厳しくなることは確かだが、「赤ゴジラ」の挑戦はまだまだ続く。



posted by しけたろう at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなの選手名鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック