2005年03月01日

初心者に見やすい席は?

スーパーサウスポーあさちゃんさん経由で
よっちゃんさんの日記からの質問です

http://blog.drecom.jp/happy-redhill_2653/archive/521

Nさんにどこがいいか聞いたのだ。大ざっぱに、
ワイワイガヤガヤ騒げてお安い外野席(ホームランボールしか飛んでこない)か、
お高いけど静かに試合が観られる内野席(ボールはそれなりに飛んでくる)か。


と、こういう感じで悩んでおられます。
難しいですね。

外野席・・・はちょっと初心者にはキツイかも?とは思うんですよね。
やっぱり、「遠くでなんかやってるな〜」という感じになってしまう恐れあり。
これから何度も連れて行くつもりなら、こういうモンだと思わせるのもアリかもしれませんけどね・・

間をとって3塁側内野席ぐらいでいいんじゃないの?と思いますけど・・
(いい加減な!)
3塁側って全力疾走でコッチに向かってくる画っていうのが見られるんで、
ワリと楽しめるんじゃないか?って思いますけどね。

双眼鏡なんかを使えば選手の顔も見られますし・・

というわけで、ご意見お待ちしております。
※ナゴヤドームだけじゃなくて一般的な話でいいですよ。

ナゴヤドームに関してお得なチケットがありましたら
「チケットのとり方のコツ(改)」のほうに情報を。
posted by しけたろう at 01:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 質問に答えます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は質問する側から、コメントする側にまわってみます。

まず、ゆっくりとプロ野球というものを観てみたい、という場合は、しけたろうさんのおっしゃる通り、内野席スタンドで真横からじっくり観戦、というのがベストかもしれません。ここ最近は内野席とグラウンドの距離を近くしたり、フェンスを撤去しようという動きもありますし、選手達の姿やプレーを意外と近い距離で見ることが出来そうですね。ナゴヤドームであれば、川上の直球のスピードや福留、立浪のパワフルなスイングが堪能できると思います。不敵な笑みを浮かべた落合監督がマウンドに行く光景も見られるかもしれませんしね。

最初からガンガン応援したい!というのであれば、断然外野席でしょう。選手ごとに異なる応援方法も慣れると楽しいことこの上ないですし、ひいきのチームが点を取ったりすれば、名前も知らない隣のお客さんと一緒に盛り上がる、なんてのもよくありますよ。僕も去年千葉マリンスタジアムに行きましたが、サッカー風の応援スタイルでスタンドの一体感は格別です。そして何よりも、ホームランボールが取れる(かもしれない)、という楽しみがあります。

いろいろと書きましたが、お連れの方のご希望に沿った客席に座って、まずは「野球ってこんなに面白いんだ!」と思っていただけるといいですね。
Posted by やまだ書点 at 2005年03月01日 07:57
こんにちは。はじめまして。
今回、あさちゃん。さん経由となりましたが(あさちゃん。さんには大変感謝しております)、私の質問を取り上げていただき、誠にありがとうございます。
観戦するにあたって私も含め、初心者にとってはどこがいいのか、正直悩むところではないかなと。
そこにちょうどいい機会だと思って記事にした次第です。

まだ答えは出ておりませんが、友達の性格も考慮した上で考えたいと思います(笑)
やまだ書点さんがおっしゃったように、友達が「野球って面白いね。楽しいね☆」と言ってもらえると、純粋に嬉しいです。
Posted by よっちゃん at 2005年03月01日 12:00
個人的なオススメは
「一塁ベース付近の内野席」ですね。
だって、
三振じゃない限り、バッターはみんな一塁に走ってくるんですから。
「一塁ベースまでの競争」ってのが、各バッターの「とりあえずの勝負」ですし、
場合によってはクロスプレーも見る事ができますよ。
一番、退屈しない場所じゃないですかねー?
私の一番のお気に入りの場所です。
Posted by めたか at 2005年03月01日 23:55
うっ。
めたかさんの意見で、おもわず、目からウロコです。
阪神ファンが、アウェイゲーム(野球もこういうんだっけ?)
にて、
さっき、予約チケットで間違って、一塁側をとってしまいました。でも、それはそれで、めたかさんのいわれるように
動く選手がよくみえるとこですね。あはは。よかった。
でも、当選してなんぼのもんなのですが(笑)
Posted by テド at 2005年03月02日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2196850

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。