2006年06月29日

【きょうろぐたんかん】交流戦総括 西武ライオンズ

交流戦総括です。
更新遅くなりすぎて申し訳ありませんでした。

・交流戦 6位 19勝16敗1分
・勝ち越した球団 阪神・横浜・広島
・負け越した球団 中日・ヤクルト
・五分の球団 巨人
・交流戦で一番勝率のよかった投手 松坂5勝1敗
・サヨナラ勝ちのヒットを打った選手 中島(対阪神/対横浜)・赤田(対広島)

去年の交流戦は18勝18敗の5分。
今年はなんとか勝ち越しました。
相変らずのネタ球団ぶりを発揮。
赤田とおかわりがユニを忘れるは、
ヤクルトにはメッタ打ちにされるは、
狭い球場では勝てないはで、
交流戦時期の西武ファンの神経は、相当疲れきっていたことでしょう。
打線は3番ナカジ、4番カブレラ、5番べんちゃん以外は固定されず日替わりオーダー。
かろうじて2番片岡が固定気味というぐらいで
「オレがレギュラーを獲る!」選手が出てこないんですよね。
投手はほぼローテ通りですが、中継ぎ酷使(ほっしーの左被弾・・・)、帆足2軍落ちもありました。
(西口さんもなかなか勝てない・・・)
捕手も細川・田原・炭谷を投手に合わせて変えています。
先発マスクができる捕手が、同時期に3人というのは珍しいのではないでしょうか。
(打率が2割切ってますけどね)

個人的交流戦MVPは涌井投手。
川上、黒田、佐々岡といったセのエースとの投げ合いは、
本当に見ごたえがありました。
ちなみに6月は 3勝1敗 防御率1.25 4完投 という成績です。
posted by しけたろう at 13:44| Comment(1) | TrackBack(1) | きょうろぐたんかん(パ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去年の交流戦は18勝18敗の5分。
今年はなんとか勝ち越しました。
相変らずのネタ球団ぶりを発揮
Posted by MB714 アイアン at 2014年02月20日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

西武ライオンズ〜2006優勝へ向けて No.13 と 『交流戦を振...
Excerpt: 西武ライオンズ〜日本一・アジア一へ向けての軌跡!【西武ライオンズ〜この1週間】(6月20日〜6月25日)3勝0敗GW明けから始まった交流戦は、20日の広島戦で終了し週末からはリーグ戦が再開した。交流戦..
Weblog: KINTYRE’SPARADISE
Tracked: 2006-07-04 00:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。