2006年06月01日

【きょうろぐたんかん】西武ライオンズ 交流戦前半総括

更新遅れました、申し訳ありません。

首位で交流戦に入ったライオンズですが、現在2位。
ロッテから1.5ゲーム差です。
交流戦順位は5位。
一時期10位でしたから調子がやっと戻ってきたと思います。
なぜ、交流戦で調子が出なかったのか→燕さんにボコられたから・・・
弱気を助け強気をくじく正義の味方ライオンズですので、
セの下位だったチームに負けております。 
結果、セの混戦を演出することに・・・・申し訳ありません、テヘ。

神宮三連戦は観戦していて本当につらい試合でした。
途中からファンの間には
「あはは、もう笑っちゃえ!チャンスじゃないけどチャンテやるよ!」
の空気が流れておりました。

そこから因縁の読売戦を3タテ。
あちらには元獅子選手がいますので、どうしても勝ちたかったんでしょう。
兎さんの守護神がマウンドに登る姿は、ファンとしても見たくありませんので。
新しい守護神小野寺リッキーが、元守護神の前でセーブをあげて本当に良かったです。

やっと調子が出てきたかと思ったら、
今度は広島さんにこっぴどく打たれまして
・・・ええリハビリも担当してますよライオンズは。

そして横浜戦。
ここでも、松坂でしか勝てずに投壊が止まりません。
はい、またリハビリ・リハビリ。

場所を名古屋に移し
「やっと広い球場で試合できるよ!」の喜び。
2004年の日シリの相手、ドラゴンズのエース川上に19歳涌井が勝ちました!
そして新外国人ギッセルもなんと白星。
2勝1敗で乗り切りました。

ホームに12日ぶりに帰還。
相手は虎さん。
まず、松阪が1勝。(去年の西口さんの勝ち運が今年は松坂に?)
14奪三振の力投でした。
翌日、西口さんもやっとやっと本来の投球。
スライダーにキレも出てきましたが153球投げて負け投手・・・
この試合は虎の松坂世代にやられました。次回に期待です。
最終戦はルーキー松永。本拠地初登板でした。
踏ん張りきれず、中継ぎを投入。同点のまま延長戦へ。
藤川に6連続三振をされるなど「ああ、野球好きだなぁ」とあきらめかけました。
その回の裏は松坂世代・獅子の守護神リッキーが抑え、いよいよ虎の守護神クボタン登場。
大学の同期抑え対決が実現しました。
キャプテン赤田がヒットで出塁、若き主砲ナカジがサヨナラタイムリー!
なんとか2勝1敗の勝ち越しです。

心配だった投手陣の調子も戻ってきましたし、野手も踏ん張ってます。
この調子で後半戦を戦ってほしいものです。
交流戦の観戦記はこちらにあります。
posted by しけたろう at 12:56| Comment(1) | TrackBack(0) | きょうろぐたんかん(パ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
場所を名古屋に移し
「やっと広い球場で試合できるよ!」の喜び。
2004年の日シリの相手、ドラゴンズのエース川上に19歳涌井が勝ちました!
そして新外国人ギッセルもなんと白星。
2勝1敗で乗り切りました。
Posted by タイトリスト CB714 アイアン at 2014年02月20日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。